2008年5月26日 08:59 PM

これで売れる!? トマトの売り方!


畑の土ができたので、うねを起こして、野菜を植えました。
初挑戦なので比較的簡単だと言われている野菜たち。
なかでもミニトマトは楽しみです。


ミニトマトに限らず、
トマトには「朝どれ」とか「朝摘み」などという、いかにもなネーミングがよくつけられます。
これはもう古いというか唾が付きすぎて魅力がなくなったネーミング。
今更このネーミングでトマトを売り出しても昔のように売れるわけがありません。
ネーミングが新鮮じゃないですからね。

そもそも「朝どれ」ってうまいんでしょうか。
朝摘まないと流通に乗せられないからっていう理由もあるようですが、
その実(じつ)をしりたいこともあって今回植えてみたんです。



ふいに
「このトマトを売るにはどうすればいいんだろう」
って考えました。



以前つとめていたデザイン事務所が、
土着系というか、一次産業系の仕事(産業を起こす、残す、仕組みやデザイン)が多かったこともあり、
こういう、「これを(もっと)売るためには?」とか「もっと売れるデザインは?」的なことをよく考えます。
(考え方がデザインなんだー!とか仕組みを考えることもデザインだー!と日々言われておりましたので)


で、ひらめいたのが、朝どれならぬ「夕どれとまと」。
これぜったいイケると思うんです。
「朝どれ」をパクってるうえ、どーってことないネーミングですが、
これを「朝どれとまと」と並べて売ったら、売れると思うんですよ。
味比べしたくなりますもんね。

「朝どれ徳谷トマト」「夕どれ徳谷トマト」なんて陳列されてたら両方買ってみたい!
セットパックにすればもっと売れるかも!?
ネーミングと言うより「売り方」で売る!ってところですね。



日曜市のおんちゃん、おばちゃん!
どうですかー?

コメント

おつかれーっす。
ヨーヘーです。

朝早くから畑耕してるって冗談かと思ってましたが、マジやってたんですね。
「夕どれ」おいしそう。。熟してる感がいいですね^^

ボクも気持ちに余裕ができたら、なんか作りたい!とか考えていたので、畑がどんな結果になるのかブログ楽しみに見させてもらいます。

やってますよー。

正直、気持ちに余裕なんてなかったけど、無理矢理作りました。
そのおかげで、ちょっとゆとりが持てました。
夜中2時に寝て、6時半から畑仕事。
これを3日ほど続けるとできます。人生のたった3日です。


実がなるかどうかは分からないけど、たのしいでー。


ちなみに畑は、トマトの苗が、何者かに食われてます。
一日一本ずつ、茎をかじられてぱったり・・・。
夕どれミニトマトが・・・犯人でてこーーい!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)