2009年8月31日 11:17 PM
おもしろがること。
13人のカメラマンに、13人のデザイナーがついて、
写真作品をカレンダーにします。

表紙+12ヶ月で13人。

そんな企画に参加させていただきました。



表紙の写真とデザイン次第で、
一見さんへの売れ行き(売るみたいです)が大きく左右されます。(きっと)
ちなみに僕じゃありません。がんばって下さい!表紙の方!





しかし難しい。





カメラマンのカレンダーなので、
写真にデザインが勝ってしまうとNG。
かといって何もしないと、デザイナーが関わる意味がない。
幸い写真が良かったんで助かりました。





大事なのはおもしろがること。





ぶっちゃけ利便性無視しました。
デザイナーとして失格ですが、
そもそもルールがないらしいこの企画、
きっと、1ページ1ページがちぐはぐで使いにくい物になるんだろうと思い、
そんな無茶をしました。



ほかのカメラマンの写真やデザインを気にしてしまいます。
似てたらどうしようとか。
しかしまったく情報無し。・・・・・気になるナー。



デザインをしないようにデザインをしながら、
カメラマンと相談しながら、写真をいかしながら、
自分のコンセプトみたいなものも落とし込めたので、
今の自分には最良の作品が出来たんじゃないかと思います。



でも他の人のが気になる!!



そして今日(8/31)入稿!!!!



のはずが、どこに入稿すれば・・・。
何も聞いてなかった。。。



あ、カメラマンか。



というわけで、データを送りました。
できあがりが楽しみです。
って、いつ校正があがるのかも聞いてなかった。


2009年8月27日 02:26 PM
出張

日帰りで、日本海のほうまで出張してきました。
案外遠かった。


高知は上空をとぶ飛行機の数が少ないそうですが、
あちらは多かった。


P8260006.jpg

P8260005.jpg


行きがけみかけた、高知じゃ見かけない光景に、

一同驚きました。

P8260007.jpg
(左に写っているのは自衛隊の車)

P8260007-2.jpg



そして、お伺いしたところでは、
庭がとてもキレイに手入れされていて、
これは見習わねばと、写真を撮りまくってきました。

P8260010.jpg


ちなみに土佐弁で『がいな』とは、『がい=強い』などという言葉で、
「がいな奴=手加減知らずな奴」や、「がいに=強く」といった感じで使いますが、
あちらで『がいな』は、『大きい』という意味でした。
「がいな太鼓=おおきい太鼓」



日本は広い。
そして、深い。


2009年8月19日 06:11 PM
今さらなんですが。

以前、ステンドグラス作家さんから、

壁に飾るステンドグラスのデザイン依頼がありました。

ステンドグラスのデザインはこれで2回目。



1回目は、独立開業する方のロゴ兼ステンド照明をデザイン。



そのとき、同じステンド作家さんに制作を依頼。

今度はその逆でお仕事を頂きました。



で、先日納品できたと言うメールを頂きました。

作家さんがブログにアップしてましたのでそちらをご覧下さい。



難しかったです。

ネットで世界中のステンドデザインを探して勉強。

飾る家には行ったことないし、

壁にくっついたときの暗さを考えて明るめにデザインしても、

そんなガラスの色がないんじゃ意味がないので、

ガラス屋さんに連れて行ってもらってガラスチェックしたり・・・。

結局、ガラスの色はだいたいのトーンだけ指定して、ディティールは作家さんまかせでしたけど。





クライアントさんに気に入って貰えたみたいなのでよかったです。



テスト期間中に部屋の掃除をはじめるタイプのやつや!
(長いよ)



ばたばたして考えないかんことがいっぱいあるときに限って、
ブログに向かう。

これはタイトル通りの病気のようです。





僕は大抵、ひとつのデザイン(仕事)が終わると、

いったん机の上を整理するように心がけてます。

その次の仕事で引き続き必要な資料でもひとまず片付けます。

それは、あるデザイナーの言葉が心に残っているから。




端的に言うと

『事務所がキレイじゃないとそこにアイデアは降りてこない。』

という言葉でした。

腑に落ちたので実践しています。

しかし、間借りしているので机の上だけにしています。





むかし無理矢理読まされたあるデザイナーの本には、

ペンも鉛筆も机の上に置かない、と書いてあったんで、

これまた実践しています。

いちいち引き出し開けて書く物をだしています。

こちらはかなり不便です。





いずれにしても、ここは古民家。

あんまり整理して片付けすぎると、

古民家もへったくれもなく、

単なる「空き家」に見えてしまいます。

気をつけたいと思います。





高校時代、学校で受験勉強を音楽聴きながらやっていたら、

先生に「それじゃー頭になにも入らないから止めなさい」といわれました。

でも音楽は好きなんで、いまは聴きながらやっています。





そのむかし、すすんで読んだデザイナーの本には、

「人・重・力」と書いている「働く」ではなく、

「人・考・力」と書いて「はたらく」だ。

的な事を書いていましたが、これはたぶん一生アタマに残っていると思います。

kangaeru.png




人間、こうやって、必要と感じたことと不必要と感じたことを、

自然に分けてアタマで整理しているんですね。






仕事やってるとつくづく思うのは、

デザインに必要なものはひらめきやセンスじゃなくて(もちろんそれも必要でしょうけど)

整理された情報から生まれてくるものが必要なんだってこと。
(それがアイデア?)






(ここを読んでも分かるように)情報の整理が上手に出来ないうえ、

博学ではなく、薄学の僕はまだまだ。




精進します。

2009年8月17日 04:50 PM
ちょっとマウス(筆)を置いて週末録。
土曜日。

先輩デザイナーさんや、

様々なジャンルで活躍されてる作家さんたちが集まる飲み会『おやじ会』に

お誘いを受けて行ってきました。




その様子をこのままアップしないで居ると、

不幸のメールが届きそうなのでちょっとマウスを置いてます。





まずは、「安兵衛」でギョーザやメンマをつまみにかるくジャブ。

自己紹介なんてものすら端折って乾杯に始まり、

それぞれに話したり笑ったり、なんだかんだしました。



P8150040.jpg
(ギョーザのたれ)


宴もたけなわ、「CAKE」にいって、食事を交えながら酒を飲んで、

あいかわらずまとまりはなく話し込んで非常に楽しい時間を過ごしました。



P8150046.jpg
(CAKEにて)



つくづく感じたことは、「隣の芝は青く見える」ですね。



それはみんな同じようです。

みなさんそれぞれいろんな事を思いながら仕事しています。

見習うべきところがたくさんあるナー。



このところ飲み会やら家のことや、無茶ぶりな仕事やらで、

あんまり寝てなかったもんで

正直、ひととあんまり会いたくなかったですがいって良かった。

年の差は関係なく勉強になりました。

まだまだ若い子には負けられませんね。



で、予てから計画していた、

『おやじ会メンバーをクラブイベントにつれていく』を

さりげなく実行。



無事4人を連れ出すことが出来ました。



IMG_0483.jpg
(昼の外看板の様子)



場内の写真とってませんが、

『ハバネロ and シルト』3周年記念イベントというやつで、

なんと600人超を動員した高知のモンスターイベント。

とにかく人が多かった。

そしてなにより、そこに不景気はなく、元気が溢れていました。

いいなー、ああいうの。



今回hyggeとして、このイベントのデザインを手伝わせてもらいましたが、

きっと、彼ら(イベント関係者)なら

手書きのチラシでもこの人数を集客できたんだろうなーっておもうくらい良いイベントでした。

(おかげでデザインってなんなんだろーって考えさせられてます。)




おやじ会メンバーは普段あまりこういうのに行かない人たちでしたが、

つれていった方々はそれぞれ楽しんでもらえたみたいでよかったです。



みなさんお疲れ様でした。