2009年11月30日 10:35 AM
大田口カフェデビュー

日曜は、子どもが日ばあちゃん地に行きたいと突然言い出したので、
仕事はやめて、山奥に向かいました。

途中大田口カフェに寄り道。

何回も前通ってるんですが、初めて入りました。



IMG_0686.JPG
IMG_0671.JPGIMG_0683.JPG
IMG_0673.JPGIMG_0675.JPG

自家製イングリッシュマフィンのバーガーがうまかったっす。
コーヒー飲みたかったけど、
時間がなくて退散。
今度はゆっくりしに行きたいです。

IMG_0682.JPG

店の前にあったコンクリの建物が、
田舎らしからぬ存在感で、かっこよかった。
なんなんでしょうね。。。。

2009年11月29日 01:51 AM
縁。
面白いモノで、
地球が狭いと感じる出来事、
高知が広いと感じる出来事がごろごろしている。

高知にずーっと住んでいても高知のことは知らないことだらけ。
これは高知が広いと思う理由。

うちの兄貴(当時イギリス在住だったと思う)が、
オーストラリアに旅行に行ったとき、
とある交差点で観光に来ていた同級生とばったり再会したという話を聞いた。
これは世界が狭いと思う理由。

秋葉原で、パソコンを買うために現金(70万)を持って
イソイソしていたときにぶつかった人、
高知の学生時代の担任だった。
これも日本が狭いと思う理由のひとつ。

誰かにあうたびに自分との繋がりを見つけようと、年齢や出身を聞く人がいる。
話の中に誰かの名前が出る度に、詳しく聞いて繋がりを見つけようとする人がいる。
それを横で聞いていると、これが結構繋がってたりする。
高知は、繋がりという意味ではかなり狭いのかも知れない。



こんな出不精の僕にも、奇跡の繋がりを持つ男がいる。



渋谷の学校にいっていた時、
横浜の某運送会社の荷分けバイトをしていると、
高知から「カブトムシ」が大量に入ったコンテナが届いた。
隣にいた奴が、「高知は俺の地元なんだよね」って言ったもんで、
話せば同い年。しかも共通の知人が多かった。


彼は、美容師で、結構有名な店にいたようだ。
彼とその友達とはよく遊んだ。
夜中にベイブリッジに釣りに行った。
後部座席の窓ガラスがない車であちこち行った。

僕が高知に戻った後も、
横浜から遊びの誘いが来たこともあった。
当然行けないから誘いはそれっきり。

それから数年。

完全に彼のことが記憶から消えてきたころ、
後輩がはじめたカフェに、たった一度だけ、夜いって飲んでいたとき、
席が空いてなくて隣に座ってきたのが、なんとこの男だった。
帰ってきてこっちの美容室に勤めているということ。

思わず声を上げて抱き合って再会を喜んだ。

コレを奇跡といわずしてなんというのか。
あれから、かれこれ7〜8年だろうか。
それからずっと彼に髪を切って貰っている。



先日、ついこの間生まれたばかりの初息子と嫁さんをつれて事務所に来て、
向かいの母屋で相方に写真を撮ってもらっていた。
それを見ていて、
こいつとの縁がブワーっとよみがえってきて、急に胸がいっぱいになって涙目になった。
僕は仕事するふりをして事務所に戻ってパソコンに向かった。


撮影後、仕事のことを色々話し込んだ。
彼はもう6人のスタッフを抱える凄腕美容師。
僕はといえば・・・。(涙目)


それぞれの立場は変われど、
切っても切っても元通りに伸びてくる髪のように、
切れても元通り(以上)になった僕らの縁はまだまだ続いていく。
2009年11月23日 09:16 AM
香川
先日、子どもを親に預けて、
久しぶりに嫁さんとデート。


年末にhyggeのメンバーでシンガポール行くんですが、
その件で、いろいろお世話になる、
香川のデザイナーであり、凄腕VJでもあり、
学生時代色々お世話になった良き先輩でもある、
トクマル夫妻に合う用事もあったので香川に行ってきました。


もともと出不精な僕が、何を思い立ったか、
「外国のイベントにつれてって下さい!」ってトクマルさんにお願いしたのが始まりで、
あっちのクラブでVJさせて貰うことになったんですけど、
正直、不安だらけ。


ま、それはおいといて、
香川では、もちろんうどん屋さんにつれてって貰いました。
事務所が屋島に近かったので、
屋島へちょっと登ったところにある「わら家」さんへ。

ここって、釜揚げうどんのお店で、「オケ」で出てくるうどんがあるんですよ。


PB212222.JPG

PB212218.JPG


右側の小さいのが普通サイズ。
手前が中ジャンボ(2〜3玉?)、
トクマル夫妻は、特大うどん。インパクト有ります。
まだこの上があるっていうんだからすごい。


ちなみにこのわら家さん、
店構えも風情がある有名店です。

PB212223.JPG

PB212228.JPG

PB212224.JPG


仕事の用事もあるからってコトで、そのまま屋島に登って観光。

PB212243.JPG



PB212232.JPG

仕事の話もおもしろい。

PB212263.JPG

厄除けに瓦投げして、

PB212273.JPG

屋島寺にいって、そのあと、umieにコーヒーをしに行きました。


umieいいですねー。香川に行くと必ず行きます。
あのランダムな感じが落ち着きますねー。


嫁さんそっちのけで、話し込んでしまって滞在時間をかなりオーバー。
でも、仕事の話を色々聞けて参考になりました。


きっと大変なんでしょうけど、
楽しそうに聞こえてくるのは、本人がおもしろがってるからでしょうねー。


トクマルさん、奥さん、あざーーっす!!
シンガポールではご迷惑をかけること必至ですが、
よろしくお願いします!
2009年11月11日 09:48 AM
やっと写真アップ

だいぶ遅くなりましたが、
キャンドルナイトmowとhyggeのイベントの様子を
フォトギャラリーにしました。

mhpg.jpg

http://mow.hygge.in/photo.html

まだ見てらっしゃらない方、
お時間に余裕のあるかた、
是非ご覧下さい。



2009年11月 9日 09:19 AM
もうこんな季節。

早いモノで忘年会シーズン。

roberutononenkai.jpg

これもちろん、新聞をパロッたDMですが、

もうこんな季節ですか・・・。




このままでは、きちんと一年を振り替えるまえに今年が終わりそうですねー。
2009年11月 8日 09:16 PM
パスポート。

2月以来、久しぶりにパスポートを探す。

これがまた見つからない。

ひょっとして、旅行鞄の中?

いや、ない。



あ、パスポートケースの中?

う〜む、ない。



あ、旅先の領収書の中!

あれ、やっぱりない。



最後の希望を胸に事務所に向かう。

・・・が、とことんない。



いよいよ焦ってきて、県庁に再発行について問い合わせると、

紛失届を出して、もう一回所定の手続きを踏んで再発行になるんだとか。

通常の日数+1日が必要らしい。



んな小さいことはどうだって良いんですけど

また16000円払うってのが痛すぎる!!



若干背中を丸め、心に冬を迎えはじめたとき、

嫁はんから電話。



「あったで。」

その声はまるで天使のようでした。




うぉーよかった〜〜。

って、家に帰って、中を開くと、予想以上に犯罪者&不細工面な自分の写真が。

もっと僕はまともな顔のはずだ・・・。

う〜ん、どっかですり替えられたのか・・・・。



良い写真になるならいっそ16000円払ってもよかったかなー。

と思ったり思わなかったりするほどひどい写真なのでした・・・。

2009年11月 2日 09:11 PM
キャンドルナイト「mowとhygge」御礼。

おいで下さった皆さん。
手伝ってくれた皆さん、
スタッフの皆さん、
ほんと、ありがとうございました。


県外から日帰りで来て下さった先輩がたや、
東京からわざわざお祝いビールを送ってくれた後輩など、
あげればきりがないなので、
まとめてお礼に代えさせていただきます!


ちなみにここは、いつもは仕事用のブログですが、
今日はhyggeの一人としてだらだら御礼申し上げます。


PA302207.jpg
(金曜の夜、搬入中のmowcandle。まだまだまだまだ沢山ありました)



いろんな人に手伝って貰もらって、参加してもらって、迷惑かけて・・・。
って感じで、ほんと自分たちだけじゃなくてみんなで作ったイベントでした。

僕らが用意した空間に、
お客さんが入ることで初めて完成する空間作りをしていたんで、
沢山の人に来ていただいて良かったです。


PA302213.jpg
配置中。(金曜深夜)

PA302224.jpg
みんなで灯してリハーサル。(金曜深夜)

PA312231.jpg
母屋側からみた、納屋の窓に映る景色が特によかった!



特に中庭の『キャンドルウォークガーデン』は、
モーちゃんを中心にみんなで、
あーしようこーしよう、あそこにもう2本置こう、
ここにこーやって人が入ったら絶対かっこいいやろ、
あそこはもうちょっと道を曲げたら?
いやー、じゃぁこっちにも1本あったほうが・・・
ってかんじで、一本一本細かくいろんな角度からみて配置して、
人とキャンドルがそろってはじめて成立する景観を作りこみました。



PA312235.jpg
当日は細かいところまでデコレーション。

PA312238.jpg
うちの次男も初めて見る巨大キャンドルに興味津々でした。

PA312240.jpg
しゃがんでみると、キャンドルの草原のようでしたね。


PA312244.jpg


翌朝みた、中庭の芝生の「やられ具合」がおもしろかった。
みなさんが歩いた通りに道ができあがってたし、
ベンチの足もとなんかは靴のカタチに芝生が完全に無くなってたし。


高校ぶり(15年ぶり)に合う先輩がいたり、
7,8年ぶりくらいに合う元女子高生がいたり・・・。


お客さん同士でも、久しぶりに会う人たちがいたりして、
こういった、出会いや再会というコミュニケーションの場としてこの家が活かされたことは、
この家の持ち主でもあるお父ちゃんやお母ちゃん(←相方の)が、
僕ら以上に喜んでるかもしれません。


次はいつ?なんてよく聞かれますけど、
次のコトなんて考えてなかったので分かりません。

でも、どんなカタチにせよ、今回のことは次の何かのために起こったことなんで、
きっとまたなんかあるんじゃないでしょうか。

mowhygge-109.jpg
hyggeの3人。左から、見習いKENKO、僕、jikei(日曜片付け後)



ほんとに感動をありがとうございました。