2011年9月28日 02:28 PM
三嶺登山、天気良好!
週末、母親と四国の名峰、三嶺に登ってきました。
久しぶりの運動が登山で、しかも三嶺(初)。
今考えると、なんて無茶な。という感じです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2011.9.23(日)晴 

8:00   光石登山口発〜フスベ谷コース
13:00 三嶺山頂
14:00 発〜さおりが原経由
17:00 光石登山口着
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


僕が三嶺初めてということと、道が崩れたり、水が出ていたりで
のぼりにかなり時間を要してしまった。

この数ヶ月、まともな運動をしてなかったし、
キャンプばかりで登山は10ヶ月ぶり。
デスクワークでひよった足腰にはかなりきつかったです。



P9230352-2.jpg


今回はフスベ谷コースから登りました。。
通常でも4時間ほどのコースで、母いわく三嶺では上級なんじゃないかと言うこと。

ちなみに、うちの母は登山歴うん十年以上のベテラン。
三嶺も何度登ったか分からないというから心強いガイドであります。


それではレッツゴー。


P9230353-2.jpg


朝夕はクマが出やすいと脅しをかけられてましたが、
今回はフンや足跡はありませんでした。


P9230365-2.jpg


カメラの設定ミスで、ひどい写真になってますが、
整備された登山道が、先日の台風&大雨で川になってました。


P9230369-2.jpg


少しして気持ちに余裕が出てきて、
あるきながらノーファインダーでパシパシと撮影。
これもケルンでしょうか。


P9230374-2.jpg


ここはまだ公園みたいなもんです。
このあと過酷な登山が待ち受けていることを
知るはずもなく。。。


P9230375-2.jpg


八丁ヒュッテでトイレ休憩。
ここまて30分くらい。


P9230379-2.jpg


水が出ていて、立ち往生。
でもこの程度の水は歩いて渡ります。
登山靴って、上からじゃないと水が一切入ってこないから凄い。


P9230384-2.jpg
P9230385-2.jpg


フスベ谷コースは、前半はこうした河原を上り、
徒渉箇所が何カ所かあります。


P9230393-2.jpg
P9230403-2.jpg
P9230401-2.jpg


所々崩れていましたが、
ロープを張っていたり迂回したりして登ります。
登山道がなくなってるところもちらほら。
マーキングを頼りにどんどん登ります。


P9230406-2.jpg


しかし人気の山だけあって自然がキレイ!


P9230410-2.jpg


どうしても靴で徒渉できないところは、靴脱いでズボンをまくして渡りました。

ていうか水がとんでもなく冷たい!

このぐらいの距離、我慢できないわけがないと思ってましたが、
最後、全然足に力が入らなくなって倒れそうになりました。
渡ってからも回復するまで力が入らない。

なめたらいかんぜよ。です。



P9230417-2.jpg

P9230418-2.jpg

P9230419-2.jpg


マーキング通り進むと、突然道がなくなって、
しかたないから、上に登って迂回。


P9230420-2.jpg


橋は必ず1人ずつ!


P9230421-2.jpg


こちら、トリカブト。

急斜面を登るときは、顔の高さにトリカブトが生えてたりするので、
口に入りそうでなんだか恐ろしかった。
毒は根っこにあるみたいですけどね。


P9230422-2.jpg

P9230425-2.jpg

P9230427-2.jpg

P9230428-2.jpg

P9230424-2.jpg

飛んで渡るところもザラです。

P9230429-2.jpg

P9230430-2.jpg



ここで母のいう『序の口』の終わり。
ここから本番だそうで・・・。

このあたりから、
クビから下げてたカメラが苦痛になり
ポケットにしまったもんだから写真をほとんど撮ってません。


P9230435.JPG


途中、唯一撮ったパノラマ写真。
中央右に見えるのが青ザレです。

急な斜面を岩や草木につかまりながら登ったり、
崩れたコースを一歩一歩キックで足場確保をしながら登ること数時間。
(高所恐怖症の人は無理かも)

三嶺行って途中で引き返してきたなんて、
間違っても220メンバーに言えません。

太ももは既に限界を10回以上こえ、後半はほぼ気力で登りました。


P9230438-2.jpg


やっと稜線が・・・。

ここで初めて別の登山者に遭遇。
稜線に出て山頂へ。


P9230442-2.jpg


どうやら、この日、足跡が一つもなかったことから、
僕らの前にはフスベ谷コースから登った人はいなかったようで、
頂上でも、ほかの登山者からコースを聞かれて答えるとみんな驚いていました。

みんな自分たちが上ってきたコースがどうだったかという談義が始まり、
最終、昔はもっとキレイだったよねという結論で幕を閉じるのです。


P9230441-2.jpg

こっちたしか西熊方面。

P9230439-4.jpg

こっち多分、剣山方面。

P9230443-2.jpg


とりあえず記念撮影。
(山頂1893m


P9230445-2.jpg


そして、昼ご飯のおにぎり、パン、カップラーメンを食べて、
コーヒータイム。

コンビニで見つけたスタバのインスタントコーヒー。
これを飲むために登ってきたと言っても過言ではない。
(次はちゃんとコーヒーセットをもってこよう)


DSC_0180-2.jpg


うん、うまい。
しあげて下山開始。

さすがに体力的にも、時間的にも同じコースはありえないので、
かやはげ〜さおりが原コースで降りることに。


P9230448-2.jpg

P9230450-2.jpg

P9230451-2.jpg


帰りは特急で下山したもんだから
これまた写真を撮ってない。

この写真は、青ザレと、かの土砂崩れ箇所を一望したもの。
休憩しながら3時間で下山して、何とか5時には光石登山口に到着。


母が言うには、昔はもっと自然が深かった。
森の下草もほとんどなくなってて、笹もだいぶ減っている。
昔、頂上はほとんど笹に覆われていたのだとか。


まぁどっちにしても、今回は自然を楽しむ余裕なんてほとんどなく、
筋肉痛が3日続く始末。
正直、嘘でも大げさでもなく、人生で一番疲れたと思う。


もっと運動しないと、と思うのでした。
さて、次はどこに登ろうか・・・。
2011年9月21日 03:16 PM
室戸ジオパークが世界ジオパーク認定!
9月17日、室戸が世界に認められました!

おめでとうございます!

日本では洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、島原半島(長崎県)、山陰海岸(鳥取県・ 兵庫県・京都府)に続き、5地域目の世界ジオパークの認定だそうです。



■ジオパークとは(wikiより)

ジオパーク (geopark) とは、地球科学的に見て重要な自然遺産を含む、自然に親しむための公園日本語では「地質遺産」と訳されることがあるが,誤訳である。日本ジオパーク委員会 では「大地の公園」という言葉を使っている。



日本ジオパークネットワーク

室戸ジオパーク公式サイト



geoparkmuroto.jpg



ミュージックラバーズで高知を盛り上げようとしていた17日に、
こんなコトもあったなんて、感慨深いです。



自慢して良いですか??
室戸ジオパークホームページ、デザインしました!


ひゅーひゅーー!


というわけで、
近いうちに子ども達をつれて遊びに行きたいと思います。


ほんとすごい!うれしい!
2011年9月16日 06:58 PM
ミュージックラバーズ
「僕があんまり盛り上がってないから」って、
昨日SUNEOがわざわざ電話をくれました。
あいついいやつです。


ですがぜんぜん盛り上がってます。
ぶっちゃけ過去最高。
まるで今回のミュージックラバーズのようです。


というわけで、
みんなの写真を拝借して、
ちょっとみんなと違った形でミュージックラバーズをご紹介します。




まずは、アーティスト!


ミュージックラバーズオールスターズ

ミュージックラバーズオールスターズは、SUNEOを追い越して、
もはやミュージックラバーズの看板と言っても過言じゃありません。
今回はこの新曲ひっさげてライブショーケースで
みんなをシェイクしてくれるはずです。


■FREE DL(下矢印、またはダウンロードマークをクリック)
http://soundcloud.com/answer0505/yellow-note


初参加のゾロくん、えー声やなー。


今回メンバーを分けてユニットを組んでのショーケースもあるとかないとか。
たっのしみですねーー。



ベルアラビベリーダンス

なんでも、テーマが生け贄の儀式だとか。
SUNEOが練習風景を撮ってきたみたいです。


834505_1317692191_45large.jpeg


さすがに14人ともなるとスケールがでかい!
女子十二楽坊より多いってんだからすごい!




■SLOW SOUNDSCAPE

いろいろ話を聞いたんだけど、すっかりアタマから抜けてます。
憶えてるのは、即興セッションがあるとか。
ギュインギュインやって心拍数150くらいまで持って行ってくれるはずです。


トムもエンジン全開です。

834505_1316029168_54large.jpeg





■DJ陣

今回何人いるか数えてないけど、
いつものように高知を盛り上げてるDJたちが一堂にかいして盛り上げます。
40人か50人くらいいるんじゃないでしょうか。

初参加のKITAHARAくんがどんなことなるのか楽しみです。



タイムテーブルが公開されてますので
こちらをご覧下さい。








そして、フロア紹介。


1F

言わずと知れた、キャッシャー(受付)です!!!
たんなるキャッシャーじゃございません。
お金を払ってそのまま2階へ上がるだけの場所ですが、
手を抜かずデコレーションしてます。
ここはミュージックラバーズへのプロローグ。




■2Fエントランス

フロア1があります。
自動ドアのパネルデザインは、いつもと違った派手なものしてます。
ここで一気に気分をマックスまで持ってって下さい。
アクセル全開です。置いて行かれますよ。





■2F:Floor 1

今までで一番大きなステージとフロアを作ってます。
出来るだけ死角をなくして、みんながステージを見られるように設営してます。

今回VJはビッグスクリーンの2面打ち。
昨日プロジェクタを吊って、ブースも設営してきました。(フジモン有り難う!)
ニューマシンひっさげて遊びまくります。
しかもブースのすぐ横がドリンクカウンター!
やばい日曜は朝早いのにだいじょうぶか???


LED照明とムービングで光の演出もばっちり。
ちょっと明るさが心配ですが、ライティングに負けないようにVJがんばります。



4386050_1320547813_224large.jpeg



■3F:Floor 2


ここは毎回チルアウトやラウンジといった形で使いますが、
今回も相当凄いです。
こういう所は言葉より写真!
事務所のソファーやら椅子がほとんどここに来てます。


834505_1319067187_126large.jpeg

ま〜〜〜〜ったり。


フロア1で疲れたからといって、
ここに来てしまうと、抜け出せなくなるほどまったりしてしまいそうです。





■4F:Floor 3

・・・・・、
・・・・・・(汗


そういや4階見てない!
ここは僕にとってもまったくナゾです。
たしかアーティストのドミナくんがデコってるとか。
今日チェックしてきます。


というわけで、分かる範囲で紹介してみました。
いよいよ明日!

お待ちしてマース!
2011年9月 6日 04:47 PM
頂き物の写真ですが。。。

ブログなんて構えておきながら、書くことがない!

いや、いっぱいあるんだけど、写真がね、ナインすよ。




というわけで、頂き物の写真でちょいちょいっと、
最近のエンジョイっぷりを紹介します。


まずは、8月に佐川であったレイヴ、『地鎮祭』

IMG_4426.JPG


220メンバーと、キャンプしてきました。


IMG_4411.JPG


みんなが記事書いてくれてます。





IMG_4425.JPG

KENKOがでかいキャンパスにライブペイントしてました。

僕は、

IMG_4408.JPG

銘焼酎『魔界への誘い』を飲み過ぎて、若干魔界を見てきました。




んでもって、8月28日、
828(ハニワ)の会、というBBQにお呼ばれしてきました。

IMGP0090.JPG


さすが、charichari主催というだけあって、
うまいワイン、シャンパン、ビール、松茸!ホタテ!生サンマ!
天然鮎!子羊の燻製?兜焼き?・・・などの贅沢三昧。

キッズそっちのけで、食っちゃ飲み食っちゃ飲み。


IMGP0091.JPG



キッズは、キレイなお姉さんや、フジモンに遊んで貰って大はしゃぎ!

IMGP0102.JPG

IMGP0110.JPG


運転にキッズの面倒まで有り難うフジモン!



そのほか、この夏は

P7030165.JPG

友人ファミリーと沖の島へ家族旅行いってきたり、

P7260181.JPG

長男のプール参観いったり、

P7310210.JPG

キャンプに2〜3回いったりしたぐらいで、
あまり夏を満喫出来なかったけど、
今週末はキャンプ&BBQ、
来週末はMusiq Lovers
そして18日は、DEN祭でKENKOがライブペイントしたりと、
9月もワイワイしてます!


その前に、hygge BBQをやっとかないと、
黙って夏を見送ることが出来ません!

さーていつやろっかなー。