2012年5月 2日 09:55 AM

奥白髪山

2012年4月28日(金)晴れ。

実家から車で1時間ほどの所にある奥白髪山(1470m)に登ってきました。

久しぶりの登山は暑かった!

1時間〜1時間半で上れる初級クラスということで余裕かましていましたが、

前半階段が続いてしんどいし、

登山道も傾斜がきつくて案外疲れました。



DSC_1223-2.jpg

P1010143-2.jpg
(登山道に行く途中にある樽の滝)


登山開始。


P4270145-2.jpg



登山で階段はかなりきつい。



P4270150-2.jpg

P4270161-2.jpg

P4270157-2.jpg

P4270244-2.jpg

P4270168-2.jpg


異様な形で伸びているこれらの木は、根下がり桧といって、
根が面白い形にむき出しになっていて、岩にかき付くように生えていたりして、
歩いているように見えるものもあった。


P4270176-2.jpg


昔の営林署らしい。


P4270177-2.jpg

P4270187-2.jpg

P4270188-2.jpg



脇道に入ると、石垣があって、中をのぞくとまだ雪があった。
風穴というらしく、中から風が冷たい風が吹き出していた。



P4270192-2.jpg



今は使われてなく、城跡のようになっている。
山道に戻ってきて気づいたけど、『立入禁止』ロープが朽ち落ちていた。
入ったらダメみたい。


P4270179-2.jpg

P4270198-2.jpg

P4270201.jpg



岩質も高さもわからないけど、
クライミングできそうな岩壁を発見。
さっそく、ロッククライマー花山ことトモキに写真を見せると
めっちゃ行きたがってた。



P4270210-2.jpg



冬も登山者が多いそうで、各所にアイゼンの跡が。
『登る=自然破壊』と言う図式を実感。



P4270205-2.jpg


真ん中の割れ目が風穴で、ここも冷たい風が吹き出していた。


P4270216-2.jpg

P4270225-2.jpg


ここの風穴は、吸い込んでいた。

ここから少し岩場を登る。


P4270227-2.jpg



先客のストックが置いてあった。

ストックと言えば、
草木に刺さって山道が荒れてしまうとかで、
使用禁止にしている山があるとか。

それを聞くと山を出来るだけ痛めないように登りたいと思うけど、
買いたいストックは決めてあったりする。



P4270233-2.jpg

P4270230-2.jpg

P4270232.jpg

P4270234-2.jpg



奥白髪山の由来でもあるこの白い枯木は、
特有の土質のため木の根が深くはってるから倒れないのだとか。

ちなみにその土質のため、杉は育たず桧が多い。



P4270238.jpg


シャクナゲのトンネルを抜けて山頂に到着!


P4270243-2.jpg

DSC_1218-2.jpg

P4270241-2.jpg


西には前工石(いわゆる工石山)


P4270240-2.jpg


東には梶が森、あとはかすんで見えなかった。


DSC_1219-2.jpg


山頂で香川から来ていたパーティと道のりの話をして、
うどん食べて、コーヒーを飲んでそそくさと下山。

奥白髪山から、奥工石への縦走ルートがあるので、
次は時間がある時に挑戦したいと思います。


DSC_1228-2.jpg

DSC_1232-2.jpg


下山して帰り道、タラの芽収穫して、実家でウドとタケノコ掘り。
春を満喫してきました。



さー次はどこに登ろうかな〜。