2014年4月 5日 07:52 AM
竹林寺、秘仏本尊文殊大菩薩「平成のご開帳」
gokaicho_soto.jpg

今年は、高知県にある、
四国霊場第31番札所 五台山 竹林寺にて、
秘仏本尊文殊大菩薩がご開帳されます。
50年に一度という大変貴重なことです。


春期ご開帳/2014年4月25日(金)~ 5月25日(日)
秋期ご開帳/2014年10月25日(土)~ 11月25日(火)


そのなかで、今回、メインポスターやチラシ、看板から、
関連事業の販促物など、
昨年からお手伝いをさせていただいてきました。


ご開帳や関連事業などの
詳しい情報はホームページに掲載されているようです。


■竹林寺ホームページ



中でもこのチラシ、ポスターのメインビジュアルは、
手に取っただけでは分からないかもしれませんが、
印刷にも特にこだわって作っています。



1553590_623816824358079_2099594967_o.jpg



テーマカラーは黒×金。
暗闇に立ち、後光が差すご本尊のイメージです。

普段見られないご本尊は、しまわれている時でも、
まばゆいわけでは無く、柔らかくゆっくりと
常に輝いていると言うイメージでした。


それを表現するため今回は
金色の上に黒を刷っています。


通常、金の上には黒は塗らない(乗らない)としたもので、
黒が乗り切らず薄くなって"しまり"が悪くなるところを、
よりビビッドな黒を使い、
試行錯誤の上、見事に黒を載せることができました。


金色にもこだわり、特に発色の良いメーカーの金インキを
2つ混ぜて作っています。
そこにビビッドな黒インキを重ねることで、
重厚感があり、暗く、しかしその暗闇さえ輝いているような
そんなチラシ・ポスターになっています。



そんな無理難題に答えてくれたリーブル出版さんのブログに
そのインキが紹介されています。

■リーブル出版ブログ




目を引くような奇抜さやトレンド、カジュアルさは必要ない。
老若男女、抵抗なくつつがなく伝えることが本質と思い、
言いたいことだけをただスタンダードにデザインしています。


ちなみにこちら、昨年つくったご開帳販促物の第一弾。
金ベタのうしろにご本尊が見えるか見えないか、、、
そのチラリズムにこだわっています。

gokaicho_omote001.jpg


いずれも、WEB画像では伝わらないですね。
見かけたら是非手に取ってじっくりみていただきたいと思います。


私の場合は、今回を逃すと次は拝めないかも、という年齢。
家族を連れて行って参りたいと思います。



2012年8月22日 04:00 PM
桂浜観月会2012


今年もこの季節がやって参りましたね!
去年は行けませんでしたが今年は行きたい!
なぜならD-K再来 & Hamadawashiによる演出。
さらに最近耳にするようになった『Cosmo,s』の音楽も聴いてみたい!


以下詳細です!


kangetsu2012poster.jpg


『桂浜観月会』

【灯り咲く、月夜の浜とデジタル絵巻】
桂浜に映し出される非現実的映像。
多くの人々が訪れ感動したあの奇跡の一夜が再び。
今回はさらに、土佐典具帖紙アートが
月夜の桂浜を彩ります。

-----------------------------------------------------------------------------------------
日時/2012年9月29日・30日
場所/高知市桂浜公園
お問い合わせ/社団法人 高知市観光協会 Tel.0880823-4016
-----------------------------------------------------------------------------------------


仲秋の名月を龍馬と眺める毎年恒例の桂浜のお月見。
「デジタル掛け軸(D-K Live)」と土佐典具帖紙作家による灯火で、
普段と違った桂浜を演出いたします。
桂浜の自然と現代アートが織りなす
幻想の世界をぜひお楽しみ下さい。




■デジタル掛け軸
D-K Live(デジタル掛け軸)は、100万枚のデジタル映像をランダムに組み合わせ、プロジェクターで歴史的な建造物や雄大な自然等に映写して幻想的な空間を創り上げる光のアート。偶然の連続で創り出される映像は、地球の自転速度にあわせて変化し、まるで人の心象風景を映し出すかのようにゆっくりと景色が移り変わります。


長谷川 章  
Akira Hasegawa
日本民間放送連盟TVCM部門最優秀賞をはじめACC賞等数々の賞を受賞。ニュースやスポーツタイトルをはじめ、中国電視台(CCTV)のロゴやTVCMなどを数千本製作。後に東洋人の持つ無情の精神からD-K Live(デジタル掛け軸)を発明した。
現在、人間という生物のリズムを取り戻す新しいアートカテゴリーであるD-K LIVE を世界遺産など各地でインスタレーションしている。






■hamadawashi 土佐典具帖紙アート
土佐典具帖紙アート『hamadawashi』による、アート照明"waka"と"CUBE"が桂浜を彩ります。

hamadawashi
国の重要無形文化財(人間国宝)に指定された手すき和紙職人、祖父浜田幸雄氏の後継者、浜田和紙四代目浜田洋直氏と弟・治氏による土佐典具帖紙アートブランド。
土佐典具帖紙は、国内では、ちぎり絵や多数の芸術作品、国外では、ボストン美術館の「浮世絵」や書籍の修復、システィーナ礼拝堂のミケランジェロ作大壁画の修復に使われており、また、洋直氏自身も「トヨタカローラプレゼンツ"コレカラプロジェクト"」で取り上げられるなど、現在全国的に注目を集めている。




■COSMO,S(コスモス)
高知で唯一のスチールパン&ラップトップユニット「COSMO,S(コスモス)」。自然とデジタルが融合したオープニングアクトで緩やかに会場を盛り上げます。

「COSMO,S」は高知を代表するスチールパンバンド「SUPER HAPPY BROTHERS」の馬詰氏とアンビエントバンド「SPIRITUAL BOOSTER」の田村氏による2ピースユニット。カリブの楽器スチールパンの音色と「環境音楽(アンビエント)」と表現される田村氏の電子音楽が桂浜の自然と絶妙に溶け合い、会場を優しく緩やかに盛り上げます。






2012年6月 5日 05:30 PM
ロベルト食堂さん6周年!

毎回楽しくお仕事させていただいているロベルト食堂さんが、
今年で6周年を迎えます!


今回は『バッジォを使ってお札のデザインで!』
というオーダーをいただきできあがったのがこのDM。



robe_6thDM.jpg



これ、ユーロのお陰で今は使われなくなったイタリアのお札『リラ』がモチーフ。
ロベルトさんのオーダーは毎回ホントに思い入れとユーモアがあふれてて、
形にする過程も楽しいです。


一見すると、届いてもどこのDMかわからない。
ロベルトバッジォが誰か分からなければ、なおさらなんのこっちゃわからない。
でもお手元に届いた方は、
お店に持って行くとワンドリンクサービスチケットとして使えます!
(いいな〜〜。)



というわけで、まだ6周年ではないですが、
本日ロベって来ます!




2012年1月16日 11:23 AM
日の出と登山
日曜日早朝、友人たちと日の出をおがみに

天狗高原に行ってきました。

hinode-112.jpg


でも残念!日の出は見えず!悔しい!

このときU2Kのスント(腕時計)には『マイナス12度』の表示。

半端なく寒かった!




上でお茶を沸かしてみんなで飲んで、渋々下山。


hinode-113.jpg


その背中にはこころなし哀愁が漂っています。


hinode-114.jpg


写真を撮りたかったのに電池がすぐ切れてしまって悔しがるU2K。

寒いと電池の減り方がハンパない!




その後、天狗荘でソリを借りて遊ぶことに・・・といいながら、

アウトドア魂に火がついた僕とヨーヘイは、

向かいに見えるの山の上でコーヒー作って飲もう!

って事でここからみんなと別行動。



hinode-101.jpg

hinode-102.jpg

hinode-103.jpg

hinode-106.jpg

hinode-107.jpg

hinode-108.jpg

hinode-111.jpg



登ること1時間。

1400m級といえど、やっぱり下界よりちょっとは酸素薄く息が上がるのも早い。

こんなに雪が積もった山道を登ったことがあまりないので、

滑るし息は上がるし、足下がおぼつかずフラッフラ。




ようやくたどり着いたところで、

雪を溶かしてコーヒーを作りました。

こういうのが登山の醍醐味ですよね!

やっぱりうまい。


hinode-104.jpg

hinode-105.jpg


実は、こんなガチ登山になるとは、

これーーーーーっぽっちも思ってなかったので装備はないし、ふつーにカジュアル。

スタート地点から標高差は100mくらいだし、

セラピーロードなんてファンシーな名前だし、散歩気分で出発して、

調子に乗って途中から登山道と書かれたところに入ったのがあまかった。

靴だけフジヤマできてたので助かりましたが、水も持たず何考えてんだか。

散歩どころか約2時間のガチ登山になってしまいました。



hinode-109.jpg

hinode-110.jpg


しかし景色はサイコーでした!

今度はちゃんと装備して、雪山登山に行きたいです。


ちなみに、みんながソリで遊ぶ様子はSUNEOがアップしてます。








おまけ。



遠藤青汁、若社長、日の出をみられなかったうっぷんを遊具で晴らす。の図。

hinode-101-2.jpg

2012年1月 5日 06:42 PM
みんなでどこかいこうと
一年が始まりましたが、
そのまえに一年が終わっていろんなことが一段落した。

そしたら家族でどこかいこう!ってことになって、
観光地、お宿を物色。

いざどこかに行こうとなると、これがなかなかない。
まあ要するに目的がはっきりしないから見つからないわけで。

そうこうしていると思い出した一つのお宿。




祖谷美人 http://iyabijin.jp/

iyabijin.jpg



微力ながらWEBサイトデザインをお手伝いさせて頂いたこちらは、
徳島県の祖谷にあって、全室、祖谷渓谷を望む露天風呂付という贅沢なお宿です。
今頃はきっと雪だらけでしょうが、いやいやほんとにいいお宿。



リピート率がすごく良いらしく、
帰られるお客さんが次の予約をしていくことがよくあるんだとか。



そして、祖谷と言えば、ソバ。
祖谷美人さんでは、お蕎麦処も併設していて、職人さんの手打ち蕎麦を堪能できます。
もちろんお蕎麦だけ食べに行っても問題なし。

●そば処『祖谷美人』 http://iyabijin.jp/soba/



家族でどこかいこうかと探してるうちに思い出したものの、
予算が合わずいけませんが、いつか泊まりたい宿の筆頭です。



寒いうちに行くのが絶対いいだろうなー。
2011年12月24日 10:30 AM
Made in KOCHIというチカラ。
ml07.jpg

高知の音楽イベント、Musiq Lovers(ミュージックラバーズ・以下ML)。

今回で7度目!

高知の若者には言わずと知れた音楽の祭典です。




そして、このML、恒例となった大劇ビルでの開催が今回で最後!

グランドフィナーレ『ありがとう大劇ビル。』スペシャル!




準備はこんな感じです!

■MLのブログ http://musiqlovers.seesaa.net/




今回も冊子型フライヤー14000部印刷!

すでに手に取った方もいらっしゃると思いますが、

10000部は、ほっとこうちに挟み込みました。





ちなみに、このページ、

ml07_11_12.jpg


左側にいるキッズは、hyggeのふたり。

僕のキッズに僕とGKEの役をやってもらいました。

場所はとある山奥にある廃屋。

大雨で雷なってたし、電気もなく幽霊がでそうな場所でしたが、

なかなか上手に演技してくれました。



もちろんキッズはイベントに出ませんが、とても喜んでくれてよかったです。



というわけで、MLまであと一週間!

この会場最後のMLは、各階でまったく違ったジャンル・テーマで構成されています。

素人集団 & Made in KOCHIのチカラはほんと天井知らず!



過去最高の演出になること間違いなしです!!


2011年12月14日 05:48 PM
高知の人と食文化を届けるセレクトベジ
高知の安全安心の、
野菜の味がちゃんとする野菜を県外発送してくれる、
セレクトベジという事業が立ち上がり、
ロゴマーク、WEBサイトなどを手伝わせていただきました。



selectvege_logo.jpg



ロゴは、イメージしたものをイラストレーターさんに仕上げてもらったものではなく、
自分で書いた物が採用されるという波乱もありつつ、何とか決定。


名刺を作り、8月頃から水面下で営業活動をされてきました。
やっと野菜が出始めて、撮影もはじまり、
先月末、なんとかホームページを公開することができました。



selectvege_web.jpg


とはいえ、
撮影はセレクトベジの方が、コンデジ片手に農家さんを周って撮ってきたり、
我が家のキッズも友情出演させていただいたりと、
ホームページは、ほんとに手作り感溢れるものになっています。


基本的には、県外向けに販売しているんですが、
魅力的な商品があって、自分もいっちょ頼んでみるか!と思ってしまったほどです。


こういう業者は日本中探せばたくさんるかもしれません。
それに安全安心という言葉は使い古されてしまい、
もはやその言葉に魅力がなくなってしまってる気がします。
ちゃんと安心できるものは、実は高かったりするし。


実際セレクトベジさんの取り扱っている野菜も安いモノではないですが、
せっかく携わらせていただいたので、
これを機会に、もうすこし体に入れるものを考え直さなきゃだめだなと思いました。
きちんと安全安心と言えるものを食べたいし、
いつもは無理でも、せめて子ども達には食べさせてあげたいと思うのが親の心情です。


男1人で始めたこうした地方発信の事業を、
一消費者として、また親として応援していきたいと思います。
2011年4月12日 10:54 PM
キャンドルナイト『mowとhygge』
やっとフライヤーが出来ました。
あと2週間ちょっとしかないのでいそいで配付しないと。

mowhygge02.jpeg


今回は2日間開催で、
昼の部、夜の部の2部制です。

昼は入場無料で、個展や出張販売、カフェ(歩屋)をやってます。
ぷら〜っとお茶しにきても良いですし、普段いの町までいけないというひとはモーキャンドルを買いに来るだけでも良いと思います。

夜は入場料1,000円のキャンドルナイト。
ご飯やお酒もあります。(入場制限があります)


詳細はこちら http://mow.hygge.in
ここでは英語で紹介してくれています http://tinyurl.com/3br2muj



前回は、カウントした入場者数は550人ちょい。
子どもやスタッフを入れるとかるく600人は超えてました。


前回のフォトギャラリー http://mow.hygge.in/photo.html



で、はじめ来た人は口を揃えて「キャンドルすごーい!」って言っていたのが、
途中から「人がすごーい!」に変わって、料理もすぐになくなって、
ゆっくりして貰うつもりが、すぐ帰ってしまう人が続出。
これは想定外で、かなり反省しました。



もっとゆっくりして欲しい!というわけで、今回、2日間開催で、
キャンドルナイトはチケット150枚限定にしたわけです。
(2日間とも同じ内容です)


昼も夜もどちらもおすすめです。
興味のある方はご都合の良い日時に遊びにおいで下さい。


2011年2月10日 03:55 PM
2月
2月ですね。

そーです2月ですよ!


2月と言えばこれでしょう!






2月デザインは僕ですね。


2gatsu.jpeg

2011年1月 3日 07:02 AM
2011 仕事初め
明けましておめでとうございます。
謹んで新年のお喜びを申し上げます。

皆々様のご健康とご多幸をお祈り致しますと共に
本年もなお一層のご厚誼の程お願い申し上げます。


というわけで、今日から仕事始めです。
よろしくお願いいたします。

 

実家は氷点下4.7度の世界でした。
もはや南国高知は、
南国を返上したほうがいいのではないかと思ってしまうほど寒かったです。
つもったゆきで初雪達磨、初雪合戦。
歩けないほど道路が凍っていたので、初チェーン。
正月早々子ども達と冬を満喫してきました。


子年は種まきの年。
丑年は見守る年。
寅年は芽が出始める年。
そして、卯年は成長する年だと言われています。


ふと気になって調べてみると、
僕は2008年、子年に独立。


ということは!
今年は、去年出始めた芽が成長するということ!
年末は最高のカタチで締めくくることが出来たし、
本年も公私ともに楽しみでしかたありません!


しかし、卯年は成長する分、競争が激しくなるそうなので、
枯れてしまわないようにしたいと思います。


さーて仕事仕事!
2010年12月16日 10:09 AM
#65 カレンダーの「原画展」今日から!
このカレンダーの原画展が、五台山展望台『パノラマ』で開催されています。


Kobun Printing original calendar 2011


今回2月のデザインを担当しています。
にも関わらず、期間をまったく把握してませんでした。
さーーーせん!!!


で、昨日、Nカメラマンの相方でもある僕に
某カメラマンさんから電話をいただきまして、

『Nになんぼ電話してもつながらん!』
『今日搬入やけどどうなっちゅう!?(怒笑)』
『DMも取りに来るゆうて全然とりにこんぞ(怒怒怒怒怒怒怒怒笑)』

という"おしかり"のお電話を頂戴しまして、

『Nは只今、圏外にいっております!申し訳ありませんでした!!!!!!!!!!!!』

と、電話の向こう側の某カメラマンに深々と謝罪し、
お詫びにNのアシスタント、Kを送り込んできました。


kenko_kugi.JPG
ちょうど2月のパネルを設営中。


志半ば、来客のため帰らざるを得なくなりましたが、
DMとポスターを頂いてきました!(今日からだけど)


 
IMG_1615.jpg
DM

IMG_1613.jpg
POSTER


以下詳細です!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
13人のカメラマンと13人のデザイナーが創る
2011年カレンダー・オリジナル写真(原画)展示


『原画展』

2010.12.16 → 2010.12.30
五台山展望台・カフェと雑貨『パノラマ』
1FギャラリーPANORAMA
tel.088-884-9226
主催/弘文印刷株式会社



2010年11月28日 11:37 AM
#63 最近影響を受けた言葉。

ikujinashi.jpg



さも、自分が考えたかのような書きっぷりですが、
すでに使われている言葉です。


読んで字のごとく、育児をする立場なのにしないひと。


ハードワーカーが偉いとは思えない。
しかし、近しい人から見て、
育児と両立できていると評価される人がいるとしたらすごいなー。



尊敬します。



といいながら、今日は日曜なのに仕事。
どーにかしたいなこの環境。
2010年11月 4日 10:16 AM
#60 Before & After
ベルアラビベリーダンスの初公演ポスター&チラシのお手伝いをさせていただきました。

いつも通り写真は自敬。アシスタントにケンコー。

デザイン・ディレクションはワタクシ、という流れ。

撮影協力はpsycheさんです。


公演についての詳細はベルアラビベリーダンスのブログか、
hyggeのブログをご覧下さいませ。






今回、珍しく合成しまくってる作品なので

プロセスを紹介させていただきます。




まずは、これが撮影画像。


bellbefore.jpg


あいかわらず良い写真を撮りますねー。
彼のお陰で、デザインの可能性が広がります。



テーマがアラビアンなので写真をコッテコテにして、
もっとゴチャゴチャさせたかったので、
『ここに犬を座らせて、ここに猫を座らせて・・・・』という風に、
合成箇所を相談。


それに合わせてそれぞれを撮影。
鹿(インパラ)なんて、大きさ7cmくらいのミニチュアを使ってます。


合成&レタッチをなんだかんだやってると、
違和感を感じる妖しさ満点の作品になりました。


bellafter.jpg



これに情報をデザインして、最終的に出来たポスターがこれ。



poster-1-thumb.jpg





海外映画をイメージして仕上げました。


このポスターは部数が少ないのでほとんど世の中に出ないと思いますが、
hygge的にも個人的にもかなり気合いの入った仕事でした。





2010年9月 4日 07:12 PM
#52 高知100%。素人100%。
9月18日に、Musiq Loversというイベントがある。

ローカル100%の高知のクラブイベントとしては最大級のこのイベント、

アングラだと侮る事なかれ。

ローカルだと舐める事なかれ。




ブログに日々の準備の様子を残していっているけど、

とにかくやってることが違う。

http://musiqlovers.seesaa.net/




ど田舎の高知の夜の文化という、ごく小さな世界で開催されるこのイベントは、

高知のクラブイベントのクオリティとパワーを凝縮したものに仕上がるに違いない。

コレ全部、昼間は別の仕事をしているイベントの素人が作っているってことがまた凄い。




最大であることは重要じゃない。

最高であることが重要なんだと、目標をはっきりもって突き進んでいる。

そして、自分たちが一番楽しんでやるって思っている。




こうした若者たちのチカラを目の当たりにしていると、

きっとその通りになるんじゃないかと確信に近い思いを持ってしまいます。
2010年8月26日 07:12 PM
#47 デジタルブック
デジタルブックは、

おおざっぱに言えば、

実際の本をパソコン上で閲覧できるようにデジタル化したもののこと。




今回携わったイベントの冊子型フライヤーを、

デジタル化して閲覧できるようにしています。

ちなみにこのデジタルブックは無料で利用できるタイプです。



ページをめくるときのリアルなアニメーションもお楽しみいただけます。


2010年8月19日 07:05 PM
#45 机の横の壁
IMG_1337.JPG


左から、musiq loversYURA、 桂浜観月会


並べるとそれはそれで面白いけど、

やっぱクセあるなー。



もっと「掴み」とそれを表現するスキルを磨かないと・・・。
2010年8月 1日 10:58 AM
#41 2010 ART FESTIVAL "YURA"
またまた高知の若い力がなんかやってくれますよ!
その名も「YURA(ゆら)」。

いの町土佐和紙工芸村「くらうど」で開催されます!

和紙、アロマ、コンサート、キャンドル、食事、体験教室と、
五感で遊べるイベントになってます。

以下詳細です。

-----------------------------------------------------------------------------------

poster.jpg

2010 ART FESTIVAL
YURA

会場/土佐和紙工芸村「くらうど」 
日時/2010年8月29日(日) 13:00-23:00(雨天決行)
入場料/前売3,000円・当日3,500円
駐車場/100台

PC http://yura.hygge.in
モバイル http://yura.hygge.in/m/
------------------------------------------------------------------------------------
※「駐車場についての注意」
駐車場は一般の方も利用するため、時間に余裕をもってきてください。
また、駐車台数に制限がありますので、
できるだけ乗り合わせでご来場いただくか、
公共交通機関又は、シャトルバスを利用してご来場下さい。
シャトルバスについてはホームページをご覧下さい。

※女性限定!!
浴衣で来たらアイス1つプレゼント!
高知アイスのバニラ・いちご・ゆずのいずれかお選びいただけます。
(お一人様一つまで)


------------------------------------------------------------------------------------

五感ゆらめく。

やさしい魅力を明かりに落とした土佐和紙。
力強くはかないいのちを灯すキャンドル。
ほほえみを生む香りがたゆたう癒しのアロマ。
心に呼びかけてくる美しい旋律と歌声。
「YURA」は、それらとそこにいるあなたが
混ざり合って初めて創造されます。
見て、触って、匂って、聴いて、味わえる、
五感で楽しむアートフェスティバルです。



-----------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ

YURA実行委員会 担当/山中090・4506・1985
土佐和紙工芸村「くらうど」 Tel.088-892-1001



-----------------------------------------------------------------------------------
■タイムテーブル

やむを得ず時間、内容が変更になる場合もあります。予めご了承下さい。
和紙・アロマ体験教室の事前予約は、「くらうど」まで。(当日、受付で申込も出来ます) Tel.088-892-1001


第一部
13:00    開演・飲食ブースオープン
14:00    いちむじんコンサート vol.1・和紙教室開始(要予約)
15:00    ソングスパロウコンサート・アロマ教室開始 vol.1(要予約・20名)
16:30    アロマ教室開始 vol.2(要予約・20名)
17:00    いちむじんコンサート vol.2


第二部
18:00    mowcandle点灯・DJ yamato・アロマ教室開始 vol.3(要予約・20名)
18:30    ディナー開始
19:30    アロマ教室開始 vol.4(要予約・20名)
20:00    いちむじんコンサート vol.3
23:00    終演



-----------------------------------------------------------------------------------
■プロフィール(順不同)



●コンサート
いちむじん


高知県出身の「宇高靖人&山下俊輔」による新世代クラシックギターデュオ。
2004年に結成し、現在は東京を拠点に全国各地のホールやライブハウスでの コンサート及びイベント出演するなど、積極的に音楽活動をしている。彼らはCDやコンサートの中で、ポピュラー、映画音楽、オリジナル曲など発表し続けており、クラシックの枠にとどまらないのびのびとしたギター・サウンドでお客様の心を魅了している。
ステージでは、その繊細で感傷的な表現力と、研ぎ澄まされたスピード感溢れる演奏、そしてぼくとつとしたトークで常に好評を頂いております。
ユニット名の"いちむじん"とは、高知の古い言葉で"一生懸命"という意味。
http://www.ichimujin.com/




●コンサート
songsparrow


高知県内を中心に活動するジャズポップスバンド。
2006年に入ってからボーカルが変わり、新たに曲作りと精力的なライブ活動に取り組んでいる。
最近はライブハウスだけでなく、バーやカフェなどでも活動している。雑誌で「カフェミュージック」というジャンルに例えて取り上げられたこともあり、ポップスだけでなくジャズやボサノヴァなど様々な要素を含んでいる。 
http://www.songsparrow.jp/




●和紙体験教室・展示・販売[土佐典具帖紙・照明]
浜田洋直 はまだ・ひろなお


土佐典具帖紙「世界一薄い手漉き和紙(厚さ0.03ミリ)国の重要無形文化財」を、祖父で人間国宝である浜田幸雄氏の後を継ぎ13年前から創作を開始。唯一の後継者である現4代目。(弟・浜田 治も独自の和紙を創作している)
国内では、ちぎり絵にはじまり多数の芸術作品。国外ではボストン美術館の「浮世絵」や書籍の修復、イタリアのシスティーナ礼拝堂 ミケランジェロ作、大壁画の修復にも「土佐典具帖紙」を使用、最近では書家 紫舟(シシュウ)の作品依頼を請けている。
TV、雑誌等のメディアに取上げられるなどアメリカ各州でのレクチャー・デモンストレーション・講演などにも活動中。




●空間演出・アロマ教室
濱田梨紗 はまだ・りさ


香りによって心と身体がほどけていく感覚から、アロマテラピーに興味を持つ。
様々な空間で感覚と結びつくような心地の良い香りの提案していきたい。当日は香りによる会場の空間演出とアロマワークショップを開催する。
(社)日本アロマ環境協会認定アロマインストラクター




●展示・販売[キャンドル]
mowcandle モーキャンドル


村山匡史(むらやま・まさし)が、2007年キャンドル製作を開始。「HAVANERO」「竹林寺音楽祭」などでのキャンドルデコレーションや、「slow candle night」「mowとhygge」「Lanp」などのキャンドルナイトを展開。
2009年にいの町旧吾北村に拠点を移し、キャンドルの販売を開始、日々製作に没頭している。

高知県吾川郡いの町下八川乙404-1  〒781-2332
open/12:00−19:00  定休日/土・日曜・祝日
Tel.088・850・5334 
http://www.mowcandle.com




●FOOD
アンバー


商店街の一角にあるノスタルジックカフェ。鏡野公園(種馬所)のすぐ近くにある『cafe amber(アンバー)』は、なんと築80年を超える民家をリノベーションしたオシャレカフェ。店内は古い民家ならではの素朴で落ち着く雰囲気で、本棚、机、食器など全てが調和したリラックス空間となっている。テラス席もあり、高知工科大生や観光スポット帰りのお客さんも多く立ち寄ってくれるとのこと。お店のおすすめの『真amber流タコライス』(750円)はオススメ。2階席は5名様以上で予約が必要。
[メニュー(予定)/窪川ポーク黒胡椒焼き・香南市ニラ饅頭・ちりめん丼 etc...]

高知県香美市土佐山田町神母ノ木338-7
Tel.0887-53-0902 火曜定休


アンバーの他、下記を予定しています。
●高知アイス    バニラ・いちご・ゆず
●洋食プレート
 (夏野菜のお浸し 土佐酢ジュレがけ)
 (スモークポテトサラダ)
 (鶏モモ肉のコンフィ とうもろこしのソース)
●伊野のおばちゃんの田舎寿司
●ドリンク    ソフトドリンク・アルコール




●音楽
DJ yamato


10代から20代にかけて単身渡米し、カリフォルニアを中心にミュージックシーンを修学。
彼独特の空間を創り出すサウンドはDJハーヴィをもfukuingenius!と称賛させたほど。彼の素晴らしい選曲をお贈り致します。


yura_flyer.jpg

2010年1月 8日 05:52 PM
#02 使いにくいカレンダー
そういえば!


うっかりしてましたが、あのカレンダーが出来てます。
(もちろん去年のうちに)

関連記事
http://203.139.202.230/?&nwSrl=253084&nwIW=1&nwVt=knd
http://blogs.yahoo.co.jp/japan_kenzo/60738447.html

P1060679.jpg

必要事項を入れる、という最低限のルールのもと13組が作り上げたこのカレンダー。
カレンダーとしての機能はどうなんだろう?
っていう、デザインする前からの疑問を見事に裏切らない使いにくさです。


中島さんのブログにも、
「便所に張って、眺めるだけをお勧めします。」ってかいてあるほどの実用性のなさ。
綺麗な写真で使いやすいカレンダー、ってやつは市販のものにまかせておいて、
やりたい放題やるのが高知らしいですよ。
13組が13組違うから面白い。
だからカレンダーと言うよりはポスターとして楽しんだら良いかもしれません。



でもひとつだけ、僕的に気になるところが・・・。
月が終われば後ろにめくっていける「リングタイプ」がよかったなー。
破るのがもったいないです。



2009年12月 2日 04:05 AM
musiq loversというイベントがあるらしい。

12/30、高知を代表するイベントオーガナイザーSUNEO氏が、

musiq loversというイベントをやるらしい。

で、そのフライヤーとポスターが今日届いたらしい。

001.jpg


センキュー2009。

韻を踏んでますね。だじゃれじゃないですよコレ。



3回目になるこのイベント、

ゲストなしの純粋な高知のクラブイベントとしては過去最大らしい。



ホームページもあるらしい。

今回のフライヤーはイベントとしてはめずらしい12ページ立て。

しかもデジタルブックで見えるらしい。



僕もスタッフとして入るらしいですが、

この他人行儀な書き方は、これにお客さんとして行くためです。



スネちゃま、関係者各位、僕の仕事はここまでです。

後は任せました。

よろしく。
2009年5月21日 06:59 PM
恩師の個展

先週の土曜日から、学生時代の恩師がCOMO SALONで個展をしています。


tujino.jpg


『辻野榮一展』 詳細はご本人のページをご覧下さい。

http://www.geocities.jp/eiichi_tsujino/


木を削ったりなんだりでオブジェを作っています。

興味のある方、どうぞ。