2008年6月 1日 11:13 PM
ハローワールドという音楽イベント

hyggeでフライヤーデザインをしたイベント、
Hello World -Sound Exhibition-に行って来ました。


陶酔です。
ちょっとしたトランス状態とでもいいますか、hygge〜な空間が広がっていました。


OVERMARSさんはその場で音を作っていくタイプで、
タムラさんは作り上げた音をミックスして組み上げていくというイメージ。
正直言って異世界だったし、蛸蔵の関係者も知らない世界だったんじゃないでしょうか。

左写真:OVERMARSさん。 右写真:スピブーのタムラさん

DSCF7235.JPG
DSCF7253.JPG















Tシャツにプロジェクターがかぶって、走査線が入ってたのが、デジタル人間みたいではまってました。

DSCF7254.JPG

特にタムラさんの時は、なんか脳みそが覚醒したかのように、
面白いアイデアが浮かんできて、それを携帯のToDoに記録。
(ToDoの使い方がまちがってるかもしれないけど)


それから書き逃してならないのが、ライブペイント!
911がテーマみたいだったけど、最終的に何描いてたかがわからないくらい
グッチャグッチャになるところなんかが、
描きながらストーリーを作り上げていくライブペイントの醍醐味で、
タムラさんの世界観にもぴったり!飛び込みでいっしょに描きたかった!


しかしながら、客としてちょっと不満だったのは、
客席があったことと、スピーカーが左右一本ずつだったということ。
演劇祭の一環で行っているイベントだから仕方ないんですが、
あのひな壇のような客席は、逆に音楽をゆっくり聴けなかったし
音に幅が無くて、本質的な部分があの下にあるんじゃないか、
あの時創造された音楽たちにはもっと深い表現があったんじゃないか。
・・・と思ってしまった。(まぁ僕だけの勝手な思いこみかもしれませんが)



でも、またああいう場所でああいう音楽が聞けるような機会があればなーと思えた
いいイベントでした。蛸蔵さん、出演者さんありがとー!

続きを読む "ハローワールドという音楽イベント"