2013年6月 1日 11:26 AM
上田微生物ホームページ【源を助ける仕事】
uetabiseibutsu.png

上田微生物ホームページ
http://www.uetabiseibutsu.com/



微生物の力で農業を助けたり、水をきれいにしたり、
動物を元気にしたり、生ゴミを処理したり・・・、
地球に『ほんとうに』優しい商品を高い品質で提供している
『上田微生物』さんのホームページのお手伝いをさせていただきましました。


エコという安っぽくなってしまった言葉じゃ表現してはいけないようで、
かといってうまく表現する力も無く、
『地球にほんとうに優しい』という
なんのひねりも変哲も無い素直な言葉しか浮かんできません。


打ち合わせの際に、さまざまな実績や研究を見せていただきましたが、
そのどれも目を見張るモノがありました。
高知の分かりやすい事例で言うと、「高知城のお堀の浄化」です。
かつて魚影を見ることが困難なほど濁った水を、
現在の水質まで浄化したのは上田微生物さんの微生物たちだそうです。


僕はたまに登山をするのですが、
高知県の三嶺という山にある山小屋のトイレも
こちらの微生物が分解に力を貸してくれているそうです。


また、JAを通じてたくさんの農家で様々な作物のために微生物たちが活躍しています。


こちらのブログで、http://omarion0326.blog.fc2.com/
これからそういった事例をどんどん公開してくれると言うことなので、
よくわからない実体(笑)も明らかになっていくことでしょう。





ちなみに、このキャラクター、『げんすけくん』といいますが、
命名は梅原真さん、イラストは織田信生さんという黄金タッグ。
もうずいぶん昔に作ってくれたということです。






2013年3月14日 06:13 PM
高須幼稚園ホームページ
takasuyouchien.jpg



昨年、高知市にある高須幼稚園さんの広告物のデザインや
ホームページリニューアルのお仕事をさせていただきました。

今時期、世間は卒園や卒業という話題でワイワイしていますので、
思い出したかのように(笑)ご紹介させていただきます。


【高須幼稚園ホームページ】



幼稚園というと、いわゆる「お幼稚」的なイメージがありますが、
高須幼稚園さんはすごくアットホームで、
子どもたちは泥んこになりながら全力でエンジョイしたり、
聞く時はしっかり聞いて、作る時は一生懸命。
ほんとのびのびしてる園だなーという印象でした。


仕事で保育所や幼稚園にお邪魔することがあるのですが、
特色や方法がそれぞれ違ってはいるものの、
どこも子どものずっと先の将来まで考えた理念を持たれていて、
毎回、親としてもほんとに勉強させていただいています。


高須幼稚園さんは、うちの兄が第1期生だったというご縁もあり、
母親はまだ赤ちゃんだった僕をかかえて、
兄を迎えに来たりしたんだろうなーとか考えながら、
少し感慨深くお手伝いをさせていただきました。


こちらのホームページはもう少し仕事が残っていますので、
またお手伝いできることを楽しみにしています。

2012年2月29日 09:26 AM
平田病院さん。
hirata-hp.jpg


高知市上町にある、平田病院さんのホームページ公開です。
おめでとうございます!


■平田病院ホームページ



平田病院さんは、整形外科、外科、消化器科、内科、
リハビリテーション科、リウマチ科がある救急病院で、
後藤哲夫建築事務所さんの『平田病院 Revival Plan』に基づき、
去年の春頃から建物の改修を開始し、
2011年12月リニューアルオープンしました。


■後藤建築事務所リポート


それに伴って、刷新されるサインや印刷物、
新たに開設したホームページまでお手伝いさせていただいたわけです。


はじめて大きな建築物のビフォアアフターを生で拝見したんですが、
ホント同じ建物とは思えない改修ぶりに驚いてばかり。
すごく明るく、各階毎に温かみのある色調に統一されて、
『なんということでしょう』ですよほんと。


ちなみに、物療室というのがあって、
マッサージの先生や機械によるいろいろな療法を受けられます。
肩こりなんてものは揉んでばかりじゃダメらしいですね。


hirata_butsuryou-006.jpg


普段、肩こりやマッサージに縁が無い僕としてはあまり違いが分かりませんが、
保険が使えるのが良いみたいです。
マッサージが必要になったら行ってみたいと思います。



とても貴重な機会に立ち会わせていただきありがとうございました!
(まだパンフレットが印刷中なんですけど・・・)




2012年1月 5日 06:42 PM
みんなでどこかいこうと
一年が始まりましたが、
そのまえに一年が終わっていろんなことが一段落した。

そしたら家族でどこかいこう!ってことになって、
観光地、お宿を物色。

いざどこかに行こうとなると、これがなかなかない。
まあ要するに目的がはっきりしないから見つからないわけで。

そうこうしていると思い出した一つのお宿。




祖谷美人 http://iyabijin.jp/

iyabijin.jpg



微力ながらWEBサイトデザインをお手伝いさせて頂いたこちらは、
徳島県の祖谷にあって、全室、祖谷渓谷を望む露天風呂付という贅沢なお宿です。
今頃はきっと雪だらけでしょうが、いやいやほんとにいいお宿。



リピート率がすごく良いらしく、
帰られるお客さんが次の予約をしていくことがよくあるんだとか。



そして、祖谷と言えば、ソバ。
祖谷美人さんでは、お蕎麦処も併設していて、職人さんの手打ち蕎麦を堪能できます。
もちろんお蕎麦だけ食べに行っても問題なし。

●そば処『祖谷美人』 http://iyabijin.jp/soba/



家族でどこかいこうかと探してるうちに思い出したものの、
予算が合わずいけませんが、いつか泊まりたい宿の筆頭です。



寒いうちに行くのが絶対いいだろうなー。
2012年1月 4日 08:05 PM
明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


今年は、昨年よりもっと仕事を紹介していきたいと思います!
よろしくお願いします。



お正月、野市動物園に子どもを連れて行っていたら、
ちょうど、アシカのコーナーで飼育係のお姉さんが、
『アシカとアザラシ』の違いを説明していました。


耳たぶの有る無し、前足の違いや爪がどうとかいろいろ説明してくれたので、
6歳の長男に『違い分かった?』って聞いたら、
『うん。よーするにあそこにおらん(居ない)のがアザラシやお?』と即答。


確かに!
思いも寄らない返答に納得。子どもにはいつも驚かさます。



そんなうちの子が行っている訳ではないですが、
ホームページリニューアルのお手伝いをさせていただいた、
こちらに行っているお子さん達は、『ほんっっっっっと』に凄いです。

heiseigakuen.jpg



平成学園さんは、
岡豊に『ひまわり幼稚園』、十市に『あとむ幼稚園』があります。
よく見かける猫バスの幼稚園さんです。
通常の園の授業(?)の他、英語や知育はもちろんのこと、
体操の時間やお茶の時間などほんといろんな時間があって、
取材クルー一同、感心しっぱなしでした。


中でも体操は、
同じ年のうちの子がけっして真似できないような運動をみんなができたり、
一体感があったり、ほんっっとに驚かされました。


それでいて、園庭で遊ぶ時間になると、
目をキラキラさせてわーーって飛び出ていく様は、
うちの子たちとまったく同じ。


勉強出来て運動できて、子供っぽさ全開なんて、
きっと将来すごい人物になるんだろうなーって思いながら見てしまいました。


今回は親としても大変勉強になりました。
ありがとうございました!
2011年12月24日 10:30 AM
Made in KOCHIというチカラ。
ml07.jpg

高知の音楽イベント、Musiq Lovers(ミュージックラバーズ・以下ML)。

今回で7度目!

高知の若者には言わずと知れた音楽の祭典です。




そして、このML、恒例となった大劇ビルでの開催が今回で最後!

グランドフィナーレ『ありがとう大劇ビル。』スペシャル!




準備はこんな感じです!

■MLのブログ http://musiqlovers.seesaa.net/




今回も冊子型フライヤー14000部印刷!

すでに手に取った方もいらっしゃると思いますが、

10000部は、ほっとこうちに挟み込みました。





ちなみに、このページ、

ml07_11_12.jpg


左側にいるキッズは、hyggeのふたり。

僕のキッズに僕とGKEの役をやってもらいました。

場所はとある山奥にある廃屋。

大雨で雷なってたし、電気もなく幽霊がでそうな場所でしたが、

なかなか上手に演技してくれました。



もちろんキッズはイベントに出ませんが、とても喜んでくれてよかったです。



というわけで、MLまであと一週間!

この会場最後のMLは、各階でまったく違ったジャンル・テーマで構成されています。

素人集団 & Made in KOCHIのチカラはほんと天井知らず!



過去最高の演出になること間違いなしです!!


2011年12月14日 05:48 PM
高知の人と食文化を届けるセレクトベジ
高知の安全安心の、
野菜の味がちゃんとする野菜を県外発送してくれる、
セレクトベジという事業が立ち上がり、
ロゴマーク、WEBサイトなどを手伝わせていただきました。



selectvege_logo.jpg



ロゴは、イメージしたものをイラストレーターさんに仕上げてもらったものではなく、
自分で書いた物が採用されるという波乱もありつつ、何とか決定。


名刺を作り、8月頃から水面下で営業活動をされてきました。
やっと野菜が出始めて、撮影もはじまり、
先月末、なんとかホームページを公開することができました。



selectvege_web.jpg


とはいえ、
撮影はセレクトベジの方が、コンデジ片手に農家さんを周って撮ってきたり、
我が家のキッズも友情出演させていただいたりと、
ホームページは、ほんとに手作り感溢れるものになっています。


基本的には、県外向けに販売しているんですが、
魅力的な商品があって、自分もいっちょ頼んでみるか!と思ってしまったほどです。


こういう業者は日本中探せばたくさんるかもしれません。
それに安全安心という言葉は使い古されてしまい、
もはやその言葉に魅力がなくなってしまってる気がします。
ちゃんと安心できるものは、実は高かったりするし。


実際セレクトベジさんの取り扱っている野菜も安いモノではないですが、
せっかく携わらせていただいたので、
これを機会に、もうすこし体に入れるものを考え直さなきゃだめだなと思いました。
きちんと安全安心と言えるものを食べたいし、
いつもは無理でも、せめて子ども達には食べさせてあげたいと思うのが親の心情です。


男1人で始めたこうした地方発信の事業を、
一消費者として、また親として応援していきたいと思います。
2011年4月12日 10:54 PM
キャンドルナイト『mowとhygge』
やっとフライヤーが出来ました。
あと2週間ちょっとしかないのでいそいで配付しないと。

mowhygge02.jpeg


今回は2日間開催で、
昼の部、夜の部の2部制です。

昼は入場無料で、個展や出張販売、カフェ(歩屋)をやってます。
ぷら〜っとお茶しにきても良いですし、普段いの町までいけないというひとはモーキャンドルを買いに来るだけでも良いと思います。

夜は入場料1,000円のキャンドルナイト。
ご飯やお酒もあります。(入場制限があります)


詳細はこちら http://mow.hygge.in
ここでは英語で紹介してくれています http://tinyurl.com/3br2muj



前回は、カウントした入場者数は550人ちょい。
子どもやスタッフを入れるとかるく600人は超えてました。


前回のフォトギャラリー http://mow.hygge.in/photo.html



で、はじめ来た人は口を揃えて「キャンドルすごーい!」って言っていたのが、
途中から「人がすごーい!」に変わって、料理もすぐになくなって、
ゆっくりして貰うつもりが、すぐ帰ってしまう人が続出。
これは想定外で、かなり反省しました。



もっとゆっくりして欲しい!というわけで、今回、2日間開催で、
キャンドルナイトはチケット150枚限定にしたわけです。
(2日間とも同じ内容です)


昼も夜もどちらもおすすめです。
興味のある方はご都合の良い日時に遊びにおいで下さい。


2011年1月 3日 07:02 AM
2011 仕事初め
明けましておめでとうございます。
謹んで新年のお喜びを申し上げます。

皆々様のご健康とご多幸をお祈り致しますと共に
本年もなお一層のご厚誼の程お願い申し上げます。


というわけで、今日から仕事始めです。
よろしくお願いいたします。

 

実家は氷点下4.7度の世界でした。
もはや南国高知は、
南国を返上したほうがいいのではないかと思ってしまうほど寒かったです。
つもったゆきで初雪達磨、初雪合戦。
歩けないほど道路が凍っていたので、初チェーン。
正月早々子ども達と冬を満喫してきました。


子年は種まきの年。
丑年は見守る年。
寅年は芽が出始める年。
そして、卯年は成長する年だと言われています。


ふと気になって調べてみると、
僕は2008年、子年に独立。


ということは!
今年は、去年出始めた芽が成長するということ!
年末は最高のカタチで締めくくることが出来たし、
本年も公私ともに楽しみでしかたありません!


しかし、卯年は成長する分、競争が激しくなるそうなので、
枯れてしまわないようにしたいと思います。


さーて仕事仕事!
2010年9月18日 03:50 PM
#56 Musiq Loversというチカラ。
55613856_113.jpg


曖昧なタイトルですが、

いまどこに行っても社会に足らないもの。

それが、このイベントにはあります。




それは『元気』。




世の中あんま元気ないでしょう?

テレビ見ててもこれほどの元気を感じるのは、

川平 慈英くらいじゃないでしょうか。





僕は、主にプロモーション部分に携わっただけなので、

あくまで、このイベントの準備を客観的に見てきましたが、

ひとことでいうと、「パない」です。



クラブというアンダーグラウンド文化を超越した、

いやむしろアングラだ何だといってしまう僕のボキャブラリのなさが

かなしくなるほどのチカラを感じます。




高知の夏は終わってません。

祭りですよまさに。



この夏最後の大玉打ち上げ花火、今晩上がりますよーー。

2010年9月15日 05:42 PM
#55 室戸は、まるごとさんかくジオパーク
昨日、室戸ジオパークが、
世界ジオパークネットワークへ加盟申請する国内候補地に選ばれました。



高知新聞記事
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=264589&nwIW=1&nwVt=knd


毎日新聞記事
http://mainichi.jp/life/ecology/news/20100915ddm012040035000c.html





geomuroto.jpg


室戸ジオパーク公式ホームページ http://www.muroto-geo.jp/




時間や予算、代理店と現場の温度差なんかで、

思い通りの機能を組み込むことが出来なかったけど、

こうして大きな前進をしたことの、はじのはじっこに

関わらせて貰った(と勝手に思っている)ことはうれしいものです。



室戸の自然はホントにすばらしいです。

まだまだ課題があるということですが、

世界ジオパーク認定に向けてがんばってくださーい!

2010年9月 6日 10:44 PM
#53 楽や(がくや)ホームページ
無国籍創作料理居酒屋『楽や』さんの

ホームページがオープンしました。



デザインは僕。

写真はジケイくん。

コーディング・システムはWithさんという形で製作してます。



gakuya_hp.jpg

http://www.ga-ku-ya.com/



店舗紹介のページに写真がいろいろありますが、

見ての通り雰囲気良いです!


何度かお邪魔してますけど、女性のお客さんが多かったです。

是非一度行ってみて下さい。


2010年9月 4日 07:12 PM
#52 高知100%。素人100%。
9月18日に、Musiq Loversというイベントがある。

ローカル100%の高知のクラブイベントとしては最大級のこのイベント、

アングラだと侮る事なかれ。

ローカルだと舐める事なかれ。




ブログに日々の準備の様子を残していっているけど、

とにかくやってることが違う。

http://musiqlovers.seesaa.net/




ど田舎の高知の夜の文化という、ごく小さな世界で開催されるこのイベントは、

高知のクラブイベントのクオリティとパワーを凝縮したものに仕上がるに違いない。

コレ全部、昼間は別の仕事をしているイベントの素人が作っているってことがまた凄い。




最大であることは重要じゃない。

最高であることが重要なんだと、目標をはっきりもって突き進んでいる。

そして、自分たちが一番楽しんでやるって思っている。




こうした若者たちのチカラを目の当たりにしていると、

きっとその通りになるんじゃないかと確信に近い思いを持ってしまいます。
2010年8月 6日 11:22 PM
#42 燈ので家(ひのでや)
大豊の山奥にできました。

燈ので家。

ひのでやと読むこのなんだか正体不明のものは、
立川にあります。


燈ので家っていったいなんだ?といわれると・・・・
一言じゃ言えません。


キャンプができてバーベキューができて、
釣りができて、花見ができて、蛍がものすごく飛んでいて、
雪深くなったり、花でいっぱいになったり、
アウトドア&四季を満喫できる場所・・・。


といったところでしょうか。


大豊町で長く郵便局長さんをやられていた方が、
リタイア後にはじめられました。


この季節だと、
山奥でキャンプやバーベキューや川泳ぎや釣りがしたくなったら、
ご連絡してあげて下さい。
きっと楽しめるはずです。


そんな燈ので家のホームページを作りました。


hinodeya.jpg

http://hinodeya-otoyo.com/


こうして、先方の希望を織り交ぜながら田舎であることを誇りながら、
うらやましがりながら作っていくと、
利便性やSEOというものにとらわれて、
或る意味で面白くなくなってしまいがちなホームページデザインが楽しくなります。


ブログを書いたことのない方に、その使い方を教えてあげて、
書き始めることで遊びを一つ覚えるわけです。
それが趣味の一つになれば最高です。


それがお店の形に繋がっていけばいうことないですよねぇ。




というわけで、誰か一緒にキャンプしに行きませんかー?

2010年8月 1日 10:58 AM
#41 2010 ART FESTIVAL "YURA"
またまた高知の若い力がなんかやってくれますよ!
その名も「YURA(ゆら)」。

いの町土佐和紙工芸村「くらうど」で開催されます!

和紙、アロマ、コンサート、キャンドル、食事、体験教室と、
五感で遊べるイベントになってます。

以下詳細です。

-----------------------------------------------------------------------------------

poster.jpg

2010 ART FESTIVAL
YURA

会場/土佐和紙工芸村「くらうど」 
日時/2010年8月29日(日) 13:00-23:00(雨天決行)
入場料/前売3,000円・当日3,500円
駐車場/100台

PC http://yura.hygge.in
モバイル http://yura.hygge.in/m/
------------------------------------------------------------------------------------
※「駐車場についての注意」
駐車場は一般の方も利用するため、時間に余裕をもってきてください。
また、駐車台数に制限がありますので、
できるだけ乗り合わせでご来場いただくか、
公共交通機関又は、シャトルバスを利用してご来場下さい。
シャトルバスについてはホームページをご覧下さい。

※女性限定!!
浴衣で来たらアイス1つプレゼント!
高知アイスのバニラ・いちご・ゆずのいずれかお選びいただけます。
(お一人様一つまで)


------------------------------------------------------------------------------------

五感ゆらめく。

やさしい魅力を明かりに落とした土佐和紙。
力強くはかないいのちを灯すキャンドル。
ほほえみを生む香りがたゆたう癒しのアロマ。
心に呼びかけてくる美しい旋律と歌声。
「YURA」は、それらとそこにいるあなたが
混ざり合って初めて創造されます。
見て、触って、匂って、聴いて、味わえる、
五感で楽しむアートフェスティバルです。



-----------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ

YURA実行委員会 担当/山中090・4506・1985
土佐和紙工芸村「くらうど」 Tel.088-892-1001



-----------------------------------------------------------------------------------
■タイムテーブル

やむを得ず時間、内容が変更になる場合もあります。予めご了承下さい。
和紙・アロマ体験教室の事前予約は、「くらうど」まで。(当日、受付で申込も出来ます) Tel.088-892-1001


第一部
13:00    開演・飲食ブースオープン
14:00    いちむじんコンサート vol.1・和紙教室開始(要予約)
15:00    ソングスパロウコンサート・アロマ教室開始 vol.1(要予約・20名)
16:30    アロマ教室開始 vol.2(要予約・20名)
17:00    いちむじんコンサート vol.2


第二部
18:00    mowcandle点灯・DJ yamato・アロマ教室開始 vol.3(要予約・20名)
18:30    ディナー開始
19:30    アロマ教室開始 vol.4(要予約・20名)
20:00    いちむじんコンサート vol.3
23:00    終演



-----------------------------------------------------------------------------------
■プロフィール(順不同)



●コンサート
いちむじん


高知県出身の「宇高靖人&山下俊輔」による新世代クラシックギターデュオ。
2004年に結成し、現在は東京を拠点に全国各地のホールやライブハウスでの コンサート及びイベント出演するなど、積極的に音楽活動をしている。彼らはCDやコンサートの中で、ポピュラー、映画音楽、オリジナル曲など発表し続けており、クラシックの枠にとどまらないのびのびとしたギター・サウンドでお客様の心を魅了している。
ステージでは、その繊細で感傷的な表現力と、研ぎ澄まされたスピード感溢れる演奏、そしてぼくとつとしたトークで常に好評を頂いております。
ユニット名の"いちむじん"とは、高知の古い言葉で"一生懸命"という意味。
http://www.ichimujin.com/




●コンサート
songsparrow


高知県内を中心に活動するジャズポップスバンド。
2006年に入ってからボーカルが変わり、新たに曲作りと精力的なライブ活動に取り組んでいる。
最近はライブハウスだけでなく、バーやカフェなどでも活動している。雑誌で「カフェミュージック」というジャンルに例えて取り上げられたこともあり、ポップスだけでなくジャズやボサノヴァなど様々な要素を含んでいる。 
http://www.songsparrow.jp/




●和紙体験教室・展示・販売[土佐典具帖紙・照明]
浜田洋直 はまだ・ひろなお


土佐典具帖紙「世界一薄い手漉き和紙(厚さ0.03ミリ)国の重要無形文化財」を、祖父で人間国宝である浜田幸雄氏の後を継ぎ13年前から創作を開始。唯一の後継者である現4代目。(弟・浜田 治も独自の和紙を創作している)
国内では、ちぎり絵にはじまり多数の芸術作品。国外ではボストン美術館の「浮世絵」や書籍の修復、イタリアのシスティーナ礼拝堂 ミケランジェロ作、大壁画の修復にも「土佐典具帖紙」を使用、最近では書家 紫舟(シシュウ)の作品依頼を請けている。
TV、雑誌等のメディアに取上げられるなどアメリカ各州でのレクチャー・デモンストレーション・講演などにも活動中。




●空間演出・アロマ教室
濱田梨紗 はまだ・りさ


香りによって心と身体がほどけていく感覚から、アロマテラピーに興味を持つ。
様々な空間で感覚と結びつくような心地の良い香りの提案していきたい。当日は香りによる会場の空間演出とアロマワークショップを開催する。
(社)日本アロマ環境協会認定アロマインストラクター




●展示・販売[キャンドル]
mowcandle モーキャンドル


村山匡史(むらやま・まさし)が、2007年キャンドル製作を開始。「HAVANERO」「竹林寺音楽祭」などでのキャンドルデコレーションや、「slow candle night」「mowとhygge」「Lanp」などのキャンドルナイトを展開。
2009年にいの町旧吾北村に拠点を移し、キャンドルの販売を開始、日々製作に没頭している。

高知県吾川郡いの町下八川乙404-1  〒781-2332
open/12:00−19:00  定休日/土・日曜・祝日
Tel.088・850・5334 
http://www.mowcandle.com




●FOOD
アンバー


商店街の一角にあるノスタルジックカフェ。鏡野公園(種馬所)のすぐ近くにある『cafe amber(アンバー)』は、なんと築80年を超える民家をリノベーションしたオシャレカフェ。店内は古い民家ならではの素朴で落ち着く雰囲気で、本棚、机、食器など全てが調和したリラックス空間となっている。テラス席もあり、高知工科大生や観光スポット帰りのお客さんも多く立ち寄ってくれるとのこと。お店のおすすめの『真amber流タコライス』(750円)はオススメ。2階席は5名様以上で予約が必要。
[メニュー(予定)/窪川ポーク黒胡椒焼き・香南市ニラ饅頭・ちりめん丼 etc...]

高知県香美市土佐山田町神母ノ木338-7
Tel.0887-53-0902 火曜定休


アンバーの他、下記を予定しています。
●高知アイス    バニラ・いちご・ゆず
●洋食プレート
 (夏野菜のお浸し 土佐酢ジュレがけ)
 (スモークポテトサラダ)
 (鶏モモ肉のコンフィ とうもろこしのソース)
●伊野のおばちゃんの田舎寿司
●ドリンク    ソフトドリンク・アルコール




●音楽
DJ yamato


10代から20代にかけて単身渡米し、カリフォルニアを中心にミュージックシーンを修学。
彼独特の空間を創り出すサウンドはDJハーヴィをもfukuingenius!と称賛させたほど。彼の素晴らしい選曲をお贈り致します。


yura_flyer.jpg

2010年6月29日 02:38 PM
#34 はりまやなレストラン
harimaya.jpg

おいしい時間を召し上がれ。

はりまや町のフレンチレストラン『ボワ・ドゥ・フェ』と
キャンドルアーティスト『モーキャンドル』が
コラボしてお届けする美味しい一夜。
今回はボワ・ドゥ・フェのビル1F、3Fをキャンドルスペースにして、
1Fでは自慢のコース料理をゆっくりと味わっていただき、
3Fではデザートビュッフェを楽しみながら、
生演奏やDJでちょっとしたパーティー気分を体感できます。
そんな、可愛くて癒される2つの時間をお召し上がりください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで今回お仕事させていただきました、ボア・ドゥ・フェさんのイベント。
内容が濃くて面白そうです。

カップルでディナー。
記念日にディナー。
誰かにプレゼントディナー。
友達とみんなで!

などなど、一人でも団体でも、どなたでも参加できます!

ふだんなかなかコース料理を食べに足を運べない方も、
このイベントには是非気軽に行ってみて下さい。


詳細はこちらの特設ページで!

http://www.carillon-kochi.com/bdf/index_pc.html


2010年6月14日 06:08 PM
#32 Grow Up Companyホームページ。
guc_main.jpg

Grow Up Companyという、
こじゃれたお店のホームページをhyggeで製作しました。

http://growupcompany.net


Grow Up Companyは、海外で直接買い付けてきた
1点もの、2点ものの商品などを取り扱ってます。

服飾雑貨、生活雑貨、カフェ、レストランから、
バイクの修理・販売までいろんなことやってます。

行ったことない方はぜひ。

2009年12月 2日 04:05 AM
musiq loversというイベントがあるらしい。

12/30、高知を代表するイベントオーガナイザーSUNEO氏が、

musiq loversというイベントをやるらしい。

で、そのフライヤーとポスターが今日届いたらしい。

001.jpg


センキュー2009。

韻を踏んでますね。だじゃれじゃないですよコレ。



3回目になるこのイベント、

ゲストなしの純粋な高知のクラブイベントとしては過去最大らしい。



ホームページもあるらしい。

今回のフライヤーはイベントとしてはめずらしい12ページ立て。

しかもデジタルブックで見えるらしい。



僕もスタッフとして入るらしいですが、

この他人行儀な書き方は、これにお客さんとして行くためです。



スネちゃま、関係者各位、僕の仕事はここまでです。

後は任せました。

よろしく。
2009年10月27日 04:35 AM
モバイルのチカラ。

今回のイベント「mowとhygge」で、
僕らがこれまで(デザインディレクターやアートディレクター的に)関わってきた
ローカルイベントとしては、はじめてモバイルによるプロモーションを展開しました。
これが予想以上に反応が良い。


アクセス解析によると、
モバイル解析を初めてからの13日間で、
ページビュー(ページの開かれた回数)がMacでhyggeのPCサイトを見ている人より多い。
モバイルページは4ページしかないのに・・・。


モバイルのユニークユーザー(一人が何回来ても1件と計算)が1日平均20件くらい。
これが、雑誌のイベント告知コーナーにのせて激増。
通常、雑誌のイベント告知部分はDMやポスターなどのイメージをはめるけれど、
今回は実験的に、QRコードをでっかく扱ったデザインにしてみたのでそれが良かったようです。
(みんなはちょっと嫌がっていましたが・・・)


13日間でなんと『79機種』からアクセスがありました。
そんなに機種があるんですね。


ちなみに、
アクセス解析がどこまでわかるのか気になる方もいると思いますが、
僕がつかっているのはよくあるやつで、
携帯で言うと機種までしかわからないし、PCでも機種と県別くらいまでしかわかりません。
具体的な地域の特定や個人情報的なことは一切分からないやつです。


実際のモバイルのチカラは、
来場者一人一人に確認して統計をとるしか測りようがないですが、
今後、こういったローカルイベントでもWEB特設ページとならんで、
活用すべきツールだと痛感しました。
もちろんタダではできませんが、CMとか広告だと結構な金額かかりますもんね。
WEBでも、やり込めば大して変わらないくらいかかるとおもいますけど、
モバイルの簡易なものなら、DMやポスターデザインの延長で、
ローカルイベントにも手が出せる金額でできるはず。



それにしてもイベントまで1週間を切りました。
実質、夜しかリハーサルできないので、火水木金の4日で準備・設営して、
金曜夜にはリハーサルしないと・・・。


仕事もあるし、やばいです!
2008年11月18日 03:22 AM
でも眠たい。

以前、食べ物の写真撮影のとき、
「腹が減ってないとうまそうな写真が撮れないから、こういうときはご飯を食べたらだめなんだよ」
ってカメラマンさんがいってたんですが、
腹が減ってたら、そんなにいい写真じゃなくても旨く見えるはずだから、あんまりいい写真とれないはず。

逆に、お腹張ってても食べたくなるような写真を撮らないとだめでじゃないの?って思ったんです。
おなか張ってる人が、その写真を見て、「あー、こっち食っときゃよかった」ってなるよーなね。



で、ここしばらく、仕事のため、インターネットで、
女性の顔とかおしりとか裸なんか見つめています。
(間違いなく仕事のためです!)


ビールとコーヒー飲みながらマーラーカオつまんで、
10年以上ぶりに尾崎豊をききながら遅くまでそんなことしていると、
何が良くて何がいけてないのか、わからなくなってきました。

女性を見るのが若干嫌になってきましたが、
さっきの食べ物の話みたいに、
きっとこの仕事はここからが本番だと思うのです。


興味があまりない人の興味をいかに引くか。
欲の薄い人の欲をどうやって引き出すのか、
これもデザインの役割のひとつなんですねー。